シュートが一番大事

シュート、パス、ドリブルはすべて重要なスキルです。ただ私が重要視しているのはシュートです。

バスケの試合は0点では勝てず、勝つためには得点しなければなりません。その得点をとるために必要なスキルがシュートです。パスとドリブルはより確率の高いシュートを狙うためにあります。そしてパスとドリブルを十分に活かすにはシュート力が大事です。

例えば3Pが苦手なプレーヤーが、3Pラインより外でボールを持っていたとします。ディフェンスがそのことを知っていれば、ディフェンスはオフェンスから離れて守ります。

漫画スラムダンクのワンシーンで、

深津(DF)は宮城(OF)にシュートがないことを見抜き、ドライブを警戒した離れたディフェンスをします。この状況では宮城のドライブ力を活かすことは難しいです。

NBAでも同じディフェンスが行われています。

ドリブルをしているプレーヤーは3P確率の低いレイジョン・ロンドです。3Pライン際にいますが、ロンドをマークしているコービーは離れて守っています。もしボールを持っている選手が3P確率が高ければ、こんなには離されません。

ディフェンスの目的は、オフェンスに一番確率の低いシュートを打たせることです。常に密着した激しいディフェンスすることではありません。密着ディフェンスをした結果、ドライブで抜かれてゴール下のシュートを打たれるより、確率の低い3Pを打たせた方がいいディフェンスと言えます。

しかし3P確率が高いプレーヤーがボールを持っていたら、ディフェンスは距離を詰めてディフェンスする必要があります高確率の3Pは打たせたくないシュートです。

ディフェンスが距離を詰めてくればドライブで抜きやすくなり、自分のマークマンを抜いてヘルプがくればフリーの仲間にアシストできます。シュート力があることでシンプルなオフェンスを展開しやすくなります。

シュート力がないままで推し進めるやり方は、長所を伸ばすことです。例として、”ドリブルを徹底的に鍛える”、”ディフェンス職人になる” です。

シュート力がないプロ選手もいるので間違いとは言えません。ただオフェンスで3Pラインより外でわざとフリーにされ、入らないシュートを打たされます。近年NBAの試合でも外角のシュートがないプレーヤーは出場機会に恵まれません。やはり外角のシュートは武器として持っておきたいです。

「シュートが一番大事」というのは当然といえば当然です。ただドリブルばかり練習していて、シュートを軽視している人を散見します。

試合はより多くの得点をとったチームが勝ちます。その得点をとる手段であるシュートを重点的に練習しないことはもったいないと思います。

シュート練習では各距離から5本中4本を決められるようにすると良いです。よく練習ではシュートが入らないけど試合では入ると豪語する人もいますが、練習で高確率なシュートでなければ、真のシュート力があるとは言えません。私は本当にシュートが上手い人で、練習だとシュートが入らないなんて人は見たことがありません。

この記事を読んでいて自分のシュートに自信のない方は、まずシュート力向上に取り組んでみてはいかがでしょうか?