認識 → 実行 → 成功

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目

これは安西先生の、桜木がビデオで撮影した自分のシュートを見た後に放った一言です。

皆さんは自分のシュートをビデオに撮って見たことがありますか?

見たことがないという方は、ぜひ一度自分のシュートを撮影してみて下さい。そして初めて自分のシュートを見た桜木と同じことを思うかもしれません。

今日のテーマで一番大切な認識です。実は私たちは自分の体の動きをわかっているようであまりわかっていません

どのようにシュートを打っているのか?

どのようにクロスオーバーしているのか?

どのようなディフェンススタンスをしてるのか?

想像以上に自分のイメージ通り身体は動いていません。イメージ通りではない身体の使い方で練習していっても上達スピードは遅くなります。まずは自分の現在地を知ることが大切です。

自分の動きを知るには、スマホで撮影してみるのが一番手っ取り早いです。せっかくなら三脚を使った快適な撮影をお勧めします。

私もこれでかなりの時間自分のシュートを撮影してきましたが、最初に見たときは自分のイメージとの差に絶句しました。

撮影した動画を元に少しずつフォームの修正をしていきますが、一度に複数のポイントを修正しないで下さい。人間は一度に多くの動きを意識はできません。まず一つ修正するポイントを決めましょう。例えば、セットポイントの位置、膝・股関節の屈曲角度、腕と膝の伸びるタイミング、リリースポイントの位置といったところです。

自分で決めた修正ポイントを意識しながら、反復してシュートを繰り返し行います。繰り返して慣れてきたら再度撮影して、イメージ通り動いているか確認します。修正した動作がイメージと合ってなければ再度修正します。イメージと合っていれば、また違う修正したいポイントを意識して取り組みます。この修正する練習が実行です。

実行を繰り返すことにより

成功という結果がついてきます。

ただ練習するのではなく、” 認識 → 実行 → 成功 ” を意識して取り組んでみて下さい。