ドリブル練習で大切なこと

ドリブルの練習メニューの種類は豊富にあります。その反面どの練習をするのが効果的かわかりずらいです。そういう時私は、NBA選手のドリブル練習の動画をYoutubeで見て参考にしています。みんなが真似しているNBA選手といえばステファン・カリー(Stephen Curry)です。

この2ボールドリブルはカリーが試合前のアップで行なっています。日本でも指導されていることが多いと思いますが、私はこの練習があまり好きではありません。なぜ好きではないかというと、下を向いてしまうからです。

ドリブル練習ではボールをコントロールすることはもちろん大切ですが、同じくらいビジョンが大切です。試合でドリブル中はビジョンが確保されていなければ、いくらすごいクロスオーバーを決めても効果的ではありません。

試合中は自分のディフェンスの状態、ヘルプディフェンスの位置、味方の位置など見なければいけないことが沢山あります。バスケは相手ありきのスポーツなので、自分自身に集中しすぎてはいけません。

NHKの「奇跡のレッスン」という番組で身長160cmの元NBA選手マグジー・ボーグスも「2ボールドリブルは下を向いてしまう癖がつくから好きではない」と言っていました。

2ボールドリブルを絶対にしてはいけないということではありません。カリーのようにしっかり前を見てビジョンを確保しながらできるなら良いと思います。良くないのはボールコントロール能力が追いついていない選手が、カリーの真似をして下を向いたまま2ボールドリブルの練習をすることです。

まずは簡単なドリブルメニューをしっかり顔を上げて、ビジョンを確保した状態で行ないましょう。日頃からボールを見ないでドリブルする習慣がつくと、試合中でも周りをよく見渡せるようになります。周りがよく見えるとディフェンスがいつプレッシャーをかけてくるか予測でき、味方の位置も把握できるので良いアシストが生まれます。

私が参考にしているドリブルメニューの動画を紹介しておきます。

前に進むだけではなく、後ろに下がるドリブルも行ないます。簡単なステップワークも取り入れていて実戦でも使えるスキルです。

しかしあくまで一番重要なことは、メニューの内容よりまずビジョンを意識したドリブル練習に取り組むことです。ドリブル練習に限ったことではありませんが、”何をやるか” より ”どうやるか” が大切です。

限られた練習時間の中ではドリブル練習の時間も限られています。常に実践で使えることを意識して練習しましょう。