バスケ上手くなるには、まず「脱力」

うまい選手とヘタな選手の大きな違い

実はそれは

 

脱力できるかどうかです。

 

うまい選手に共通している速くてキレのあるスムーズな動きを再現するには、身体が脱力している必要があります。

スポーツでは速い動きをしなければならないと思っていると、自然と筋肉が緊張します。

ですが、キレのある速い動きをするためにはその前段階で筋肉が弛緩している必要があります。

筋肉は緩んでいる状態から一気に収縮することによって、最大パワーを発揮できます。ガチガチの状態からではその力を存分に発揮することはできません。

 

日本では「脱力」というと、手を抜いているとかサボっているイメージで、いい意味に捉えられていません。

ですが、脱力は非常に重要です。

というか、脱力ができないとバスケをはじめとした、あらゆるスポーツで上達することができません。

 

脱力するなんて簡単じゃないかと思う方もいると思いますが、ほとんどのプレーヤーは脱力できていません。

日常生活で寝ている時に脱力するのは簡単ですが、バスケというスポーツ場面で身体を脱力させることは容易ではありません。

 

トレーニングと聞くと、多くの人が筋力トレーニングをイメージすると思いますが、筋トレではうまい選手との差は縮まりません。

激しい動きの中で身体を脱力させることができるようになると、うまい選手との差はグッと縮まります。

みなさんも、まずは「脱力」を意識してみましょう。