ドリブルで仕掛る時は、DFに” 近づき過ぎない ”

ドリブルからの1on1をする時、クロスオーバーからDFを抜くプレーはNBAでもよく見かけます。

それとは反対に、一般の試合でよく見かけるのは、

クロスオーバーをDFにスティールされるシーン。

 

「Harden match up」の画像検索結果

みなさんも一度(何度も?)は経験があるかもしれません。

私は今でも結構やらかします(笑)。

 

 

では、なぜスティールされてしまうか?

 

それは、DFとの距離感が悪いからです。

そして、多くの場合その距離は

” 近すぎて” ミスしています。

 

 

ディフェンスとの距離が近い場合のメリットは、抜くことができた時にディフェンスを大きく引き離せることです。

デメリットはスティールされる危険性が高く、一か八かの勝負になることです。

特にトップの位置でスティールされると、ワンマン速攻で確実に2点を取られてしまいます。

 

しかしディフェンスとの距離が遠すぎると、今度は抜くことが難しくなってしまいます。

ディフェンスがフェイクに反応しない。

フェイクに引っかかっても、コースに入るのに間に合う。

そういった状況に陥ると考えられます。

 

なのでちょうど良い距離感の目安が必要となってきます。

その目安が「ワンアーム」です。

ワンアームとはディフェンスとオフェンスとの距離が、腕1本分の距離を指します。

ディフェンスはワンアームの距離を目安に、オフェンスのシュート力やスピードによって間合いを変えてきます。

 

そして、オフェンスもこのワンアームを目安にディフェンスとの距離をとることをおすすめします。

オフェンスにとって、ワンアームというのは「ディフェンスがボールに触れられる距離」です。

つまりワンアームの距離でクロスオーバーをするというのは、ボールを取られるリスクがあります。

反対にワンアームより遠い距離であれば、ディフェンスはボールに手が届かないのでスティールされません。

 

まとめると、ドリブルで仕掛る時はワンアームよりほんの少し遠い距離でアクションを始めると安全かつ効果的です。 

大体の人は、この距離感が近すぎる場合が多いです。

見ているともう少し遠くからでも行けるのになー、と思う時が結構あります。

 

上手いプレーヤー、もしくは他種目の一流プレーヤーはこういった絶妙な間合いを測るのにとても優れています。

ボクシングの井上尚也選手は、自分の左ジャブがギリギリ届く間合いを保ちながら戦えるそうです。

 

バスケも1対1の時に ” ワンアームの距離 ” を意識しながらやると、スティールされる回数を減らせるのではないでしょうか。

相手との距離感、間合い。日常生活やどのスポーツでも大事ですね。