本質力を高めるトレーニング「胴体力」

世界中のバスケの猛者たちが集まるリーグが、ご存知の通り ” NBA ” です。

そのNBAにいるほとんどのプレイヤーが黒人選手です。

黒人選手は身体能力に優れ、他のスポーツでもその高い能力を発揮しています。

 

では、その黒人選手たちに共通している要素は何かというと

胴体をグニャグニャに動かすことができるということです。

 

次の動画をご覧ください。

 

シャック・レブロン・ハワードのダンスバトル

 

みなさんこんな動きできますか?

できないですよね(^_^;)

特にシャックの動きは異次元で、かなり胴体が緩んでいて動きの切れ目がありません。とてもスムーズです。

 

基本的に黒人選手は、この胴体部分の動きを使った身体操作を得意としていて、高い身体能力の源となっています。

反対に多くの日本人は、この胴体部分の動きが乏しく、腕や脚の末端に頼った身体操作を行なっています。そのため高い身体能力を発揮できません。

つまり、この胴体を動かす能力の差が、黒人と日本人の身体能力の差を作り出しているのです。

だから日本人は胴体を動かすトレーニングをたくさん行う必要があります。

 

よって今回は、この胴体部分の動きをどのようにトレーニングしていけば良いかをご紹介していきます。

 

胴体力トレーニング①「丸める・反る」

まずは胴体を丸める・反る動きです。

背骨は全体的に丸めるのと、反るのを交互に繰り返します。

決して力まずに、滑らかな動きを意識して行います。

可能であれば、背骨のどの部分が動きが良くて、悪いかを感じ取りながら行い、動きの悪い部分を意識的に動かすようにしてください。

 

丸める動き
反る動き

 

胴体力トレーニング②「側面を伸ばす・縮める」

今度は身体の側面を伸ばす・縮める動きです。

右の肋骨を伸ばし、左の肋骨を縮める
左の肋骨を伸ばし、右の肋骨を縮める

 

胴体力トレーニング③「捻る」

今度は両脚を ” 卍 ” の形で始めます。

そのままの状態で、胴体を左右交互に捻ります。

 

右ひねり
左ひねり

 

アスリートの身体の質は「胴体力」で決まる

アスリートの身体の質は筋肉量だけでは高めきることができません。

アスリートの身体の質は、いかに胴体部分で動きを作り出すことができるで決まります。

胴体の動きはとても単純です。

「丸める・反る」「伸ばす・縮める」「捻る」の3要素です。

そしてこの3要素の動きをスムーズに、広い可動域で行えるようにしてください。

もし、筋トレで行き詰まっているなら、ぜひ胴体力トレーニングを行い身体の質を高めましょう!

もし、わからないことがあればコメント頂ければお答えします。