あなたの3ポイントが届かない理由

日頃バスケをしていて、よく目にするタイプのプレーヤーがいます。

「ミドルはよく入るけど、3Pが入らない」

というタイプです。

 別にすごく筋力がないワケではないし、軽く3ポイントも決められそうですが、よくショートしてしまいます。

もしくは力み過ぎて、シュートが横にブレてしまいます。

  

では、原因はなんなのでしょうか?

今よりもっと筋力をつけなければならないでしょうか?

 

答えは「No」です。

 

3ポイントが届かない、もしくはシュートが短くなる原因の多くは

「下半身の伸びる動作と、腕を伸ばすタイミングが合っていないからです」

専門用語で言い換えると

「下肢の伸展スピードと上肢の伸展スピードが合っていない」となります。

 

まず、こちらの動画をご覧ください。

先日、テレビ番組で八村選手を特集していたものです。

動画の4:10のところから、シュートのタイミングの改善に取り組んでいる内容が始まります。

 

 

いかがだったでしょうか?

動画内の改善前の八村選手のシュートはセットポイントで止める動作があり、シュートがショートしていましたよね。

このケースは非常に多いと思います。

特にセットポイントで止める動作があり、下半身が伸びる時にボールをリリースできないため、ボールに下半身のエネルギーを十分に伝えることができないケースです。

そうしてこうしたケースでは、より下半身のエネルギーを多くしようと、膝を深く曲げて対応しようとし、結果シュートモーションが遅くなります。

 

多くの場合、下半身のエネルギーを多くすることに取り組むよりも、ボールを速くリリースできるような動作の習得に取り組んだ方が良いです。

基本的には、下半身が伸びきるタイミングの方が、腕が伸びるタイミングより早い場合が多いです。

なのでセットポイントで止める動作をなくす、もしくは減らすことで対応したいり、

ボールをリフトするスピードを速くしたりすることで対応すると良いと思います。

 

つまり、シュートが届かない理由は筋力だけじゃないよってことです。

巷の本やインターネットの情報は筋力至上主義ですが、違う視点で取り組んでみてください。

皆さんのシュートが改善することを願っています!